ARTIST

アーティスト

STÉPHANE LEROUX

2016/11/03

ステファン・ルルは1974年10月17日、フランスのベルネイに生まれる。 国立造形美術ディプロム(DNAP)と上級国立造形美術ディプロム (DNSEP)をルーアン美術学校で取得する。 1996年、ノルウェーのトロンハイム美術アカデミーに留学しデューバ・サンボレックに指示、1997年には美術プロジェクトでインドに滞在 し、ローカル紙の写真ルポも行った。 インドから帰国後、ロンドンや東京などを複数の国を移動しながら美術の活動を続けた。 アトリエを探す過程で、2002年からの二年間、アーティスト集団が占拠したパリのアンダーグラウンドスペース、59 Rivoliにアトリエを構え る。2003年、ステファン・ルルは現代作家のママドゥ・マームーッド・ンドンゴと懇意になり、ママドゥは連作『広島は白い紙の上の黒い墨 の染みである ~ Hiroshima est une tâche d‘encre noire sur une feuille blanche~』に対する詩を英語とフランス語で著された詩集 『In the room 6.8.1945』の中で詠んでいる。2004年、再び東京へ来日したステファン・ルルは、広島市が開催した『日本カルチュラル大 賞』の大賞を受賞する。 2005年には箏、三味線奏者の日原史絵が『h memory』の為に作曲をし、絵画と箏のコラボレーション展を行った。 2010年、創造と展示と交流の場として、東京の下町である柴又にAtelier485を開く。 この10年の間、アーティスト、ステファン・ルルは、絵画、インスタレーション作品、立体作品で全く違う分 野のアーティストの作品と交流 を続けている。現在は東京に拠点を置き、美術作家として、Atelier485のディレクターとして、東京国際フランス学園の美術教師として、精 力的に活動を行っている。

Now Loading...